「NFTとは?」NFTのやり方解説【要約】NFTの教科書 まとめ レビュー

NFTの教科書の要約レビューは「こんな人にオススメ」

  • NFTとは何かよくわからない人。
  • NFTの具体的なやり方や稼ぎ方を知りたい人。
  • 急拡大しているNFTの波に乗りたい人。

今回要約でまとめたのは「NFTの教科書」

2021年10月20日発売のトレンド本です。

いまNFTはかなり注目されています。

NFTとは!?メタバースとは?
最近SNSでも見るけどNFTって儲かるの?
教科書的なものを学びたい。

こんな人も多いかと思います。

「NFTの教科書」はAmazonレビュー⭐️4.0以上の評価。

まさにNFT初心者には最良のテキスト

しっかりとNFTの基礎からポイントもまとめられていて、高レビューも納得。

キーワード解説もあって初心者にもわかりやすい

NFTを始めたいけど、やり方がわからないという人にもピッタリ。

すでに増刷決定の話題の1冊

それでは早速「NFTの教科書」要約レビューを見ていきましょう!

目次

NFTの教科書「要約」レビュー

「NFTの教科書」を要約すると、3点にまとめられます。

  • NFTとは?から学べる、まさにNFTの教科書。
  • NFTのやり方を知りたい人は必読書
  • 「NFT×〇〇」で無限のマーケット。

まさに新時代には必須といえるNFTの知識。

具体的なやり方まで学ぶのにピッタリの本です。

Amazon⭐️4.0以上のレビューも納得できる内容。

NFTの教科書「Amazonのレビュー」まとめ

こちらが実際のAmazonレビューをまとめたものです。

レビュー⭐️×5

時代に遅れまいと購入したが大正解だった!
「NFT・メタバース・ブロックチェーン・ガス代・暗号資産」がわかりやすく説明されています。
NFTについて興味のある人は、迷わず手にとって欲しい1冊!

レビュー⭐️×5

NFTに関する情報が網羅的にまとめられている良書。

レビュー⭐️×4

NFTについて知りたくて購入しました。
凄いわかりやすかったです!

「NFTの教科書」というタイトルだけあって、全体的に以下のようなレビューが多く書かれています。

  • 「NFTについてわかりやすくまとめられている」
  • 「NFTがよく分からない人にはまずこの教科書」
  • 「NFTの時代についていくために読むべき」

NFTについては網羅的にまとめられている本がほとんど存在しません。

そのためNFTについて興味のある人にはまさにピッタリの1冊だと思います。

NFTの教科書「あらすじ」

  • 著者:天羽健介さん/増田雅史さん
  • 全320ページ。
  • 全3章で構成。
  • 第1章「NFTビジネスの全体像」
  • 第2章「NFTの法律と会計」
  • 第3章「NFTの未来」
  • 約30人のプロが語るテキストブック
筆者「天羽健介さん」NFTの教科書
  • 2007年(株)リクルート入社。
  • 2018年コインチェック(株)入社。
  • 2020年5月より執行役員に就任。
  • NFTやIEOなど新規事業の開発などを担当。
  • 日本暗号資産ビジネス協会NFT部会長。
筆者「増田雅史さん」NFTの教科書
  • 弁護士・ニューヨーク州弁護士。
  • スタンフォード大学ロースクール卒。
  • IT・デジタル関連の法的問題が専門。
  • ブロックチェーンなどに通じる。
  • 日本暗号資産ビジネス協会NFT部会 法律顧問。

NFT用語の説明

仮想通貨NFT「NFTとは」

NFTとは以下のことをまとめて言います。

  • Non-Fungible-Tokenのこと。
  • 「ノン・ファンジブル・トークン」。
  • 直訳は「代替不可能」の意味。
  • 世界のひとつだけのデジタル資産。

直訳するとわけがわからないですね。笑

ザクっとまとめると「データ1つ1つに所有権を持つイメージ」

つまりNFTとは大量生産やコピーができないものです。

NFT化すれば全て1つ限りの商品となります。

例えば身近なイメージとしては絵画がわかりやすいです。

自分のサインを書いていれば、誰の手に渡ろうが自分のものと証明できます。

それと同じことをデータ上でできる。

これがNFTです。

アートやモノをNFT化なんてこともできます。

世界にひとつだけのデジタル資産が作れます。

具体的にはこんな稼ぎ方もできちゃいます。

  • 写真をNFT化して販売する。
  • 自分がつぶやいてバズったTweetをNFT化して売る。
  • データ上で絵やキャラクターを作ってNFT化して売る。
  • そして収益は仮想通貨でもらう。

1日中ゲームをしている小学生が大富豪という時代も来るかもしれません。

\ NFTを始めるためには、まず仮想通貨の口座開設から/

仮想通貨NFT「ブロックチェーンとは」

  • 取引を記録するデータベースのこと。
  • 2008年 サトシ・ナカモト氏によって作成。
  • NFTの教科書では「管理者がいない台帳」とまとめられています。

実際にNFTを売買するときは、このブロックチェーンのシステムを使って売買をします。

ブロックチェーンの3つの特徴
  • コピーできない。
  • 価値そのものを移転できる。
  • 追跡できて、誰でも閲覧できる。

一般的に銀行では振込のとき、複数の銀行でデータの付け替えをします。

  1. A銀行でB銀行へ振込する処理をする。
  2. B銀行はA銀行からの振込データを受け取ってシステムに登録をする。

でもブロックチェーンなら、価値そのものを移転できます。

付け替え処理がいりません

1通貨そのものをダイレクトに送れます。

つまり手間コストを削減することができます。

低いコストで送金できるのもブロックチェーンの特徴です。

仮想通貨NFT「メタバースとは」

メタバースとは以下のことをいいます。

  • 仮想空間(建物や土地など)のこと。
  • メタ「超」×ユニバース「宇宙」の造語。

VRというとイメージがつきやすいかもしれません。

しかしVRとメタバースは厳密には異なります。

VRとメタバースの違いってなに?

メタバースはインターネット上での仮想空間そのもの

VRは仮想空間を感じとるための装置(手段)

仮想空間上での建物などをメタバースといいます。

まさにもう1つの地球といった感じでしょうか。

NFTの教科書「全体像」

  • NFT市場は急拡大中
  • 収集目的、スポーツ系が約70%

仮想通貨NFT「NFTの現状とは」

NFTの市場規模は急拡大しています。

  • 2018年…4,096万ドル
  • 2019年…1億4,155万ドル
  • 2020年…3億3,803万ドル

この3年間だけでなんと10倍

2021年3月にはNFTアートが75億円で落札。

まだまだNFTの勢いは加速しています。

NFTビジネスに共通していることは4つ。

  1. 唯一無二の権利などを証明できる
  2. 価値そのものを送ることができる
  3. コピー改ざんができない
  4. 価値の移転を追跡できる

NFTの主要カテゴリはおもにこちら。

  • コレクティブル
  • スポーツ(選手や試合に関連)
  • ゲーム
  • メタバース
  • その他

仮想通貨NFT「コレクティブルNFTとは」

コレクティブル=収集の意味。

コレクティブルNFTとは、NFTの火付け役とも言われる存在。

まさにNFTの唯一無二の特徴をいかしたNFTです。

コレクティブルNFTの代表例はこちら。

NFTブームのきっかけは「CryptoPunks(クリプトパンクス)」

NFTを使ったプロジェクトです。

2021年1月、キャラクター1体に超高額となりました。

その価格はなんと8,000万円/1体

コレクティブルと、スポーツが大部分を占めています。

2021年1月〜6月までの各取引数はこの通り。

  • コレクティブル(36万回)
  • スポーツ(30万回)
  • アート(12万回)
  • ゲーム(7万回)
  • メタバース(4万回)
  • その他(7万回)

全体で96万回ほどの取引のうち、コレクティブルとスポーツで70%ほど。

まだまだその他は開拓の余地があります。

\ NFTを始めるためには、まず仮想通貨の口座開設から/

NFTの教科書「NFT×〇〇」

  • 「NFT×〇〇」の可能性は無限大
  • アプリの垣根をこえて、アイテムが売買できる。

仮想通貨NFT「NFT×アートとは」

NFT×アートとはまさに芸術との融合。

NFT×アートでは、DANNY氏のこのアートが6,900万円で売れたことも話題となりました。

2021年4月に村上隆さん。

2021年7月には草間彌生さんのNFT作品も話題になりました。

仮想通貨NFT「NFT×メタバースとは」

  • NFT×メタバースは相性バツグン
  • 価値の希少性が担保できる。
  • アプリを超えて保有できる。
  • 仮想通貨を使うことで資産性がある

ゲームアプリ内のアイテムは、同じゲーム内でしか売買できません。

でもNFT×メタバースを使えば、どのアプリでも売買できます。

  • ドラクエの武器をポケモンで売買できる。
  • その武器を売却して、仮想通貨で稼ぐ。

1日中ゲームをしている子供が、親より稼ぐ時代もくるかもしれません。

NFTはまさに可能性に満ちています。

NFTの教科書「未来」

  • 法律や金融規制がこれから強化。
  • ジャパンコンテンツは可能性の宝庫

仮想通貨NFT「NFTへの規制強化」

現在の法律でいくと、デジタルアートは法的な意味での所有権の対象となりません。

民法が所有権の対象とするのは「有体物」のみ

つまり形のないデジタルデータに所有権はありません。

また暗号資産への金融規制でもまだまだ課題があります。

これから規制の強化が進むと見られています。

仮想通貨NFT「ジャパンコンテンツの可能性」

NFTは海外で作られました。

つまりジャパンコンテンツは開拓の余地があります。

規制の前だからこそ、可能性に溢れています。

特に「NFT×ジャパンコンテンツ」は大チャンス

日本を含むアジア企業も続々と参入を決定。

  • 2021年4月…「Line」NFTへ参入発表。
  • 2021年8月…「GMO」NFTへ参入。
  • 2021年9月…「バンダイナムコ」NFT参入。
  • 2021年10月…「TikTok」NFTへ参入。
  • 2022年2月…「SBI NFT」スタート予定。
  • 2022年春…「楽天 NFT」スタート予定など。

これからNFT市場が爆発する日も近そうです。

NFTの教科書「具体的なやり方」

ここでは具体的にNFTをマーケットプレイスで始めるやり方をまとめております。

Opensea(オープンシー)でのやり方

Openseaとは

  • 世界No.1のマーケットプレイス。
  • アート、スポーツ、ゲームなど種類豊富。
  • NFTの売買には、メタマスクの準備が必要。
メタマスクとは何のこと?

仮想通貨のウォレット(財布)のこと。

※仮想通貨の1つであるイーサリアム専用です。

NFTではイーサリアムがメインの仮想通貨となっています。

なぜビットコインではなくてイーサリアムなの?

イーサリアムにはビットコインに無い機能があります。

それは所有権の履歴を記録できる機能

つまりたった1つの作品を扱うNFTと相性◎。

Openseaはこんな人にオススメ。

  • 初めてNFTをスタートする人。
  • 自分でNFTを発行したい人。

URLはこちらから!

NFTの購入やり方(Opensea)

  1. MetaMaskをインストール。
  2. MetaMaskにサインイン。
  3. 欲しいNFTを検索。
  4. 「今すぐ購入」「チェックアウト」

メタマスクのインストールはこちら

NFTの出品やり方(Opensea)

  1. 「My Profile」で出品したいNFTを選択。
  2. 「売る」を選択。
  3. 「出品方式」を選択。
  4. 「Price」を入力。
  5. 「Post your listing」をクリック。
  6. 「MetaMask」から手数料を支払う。

Binance NFT(バイナンス)でのやり方

BinanceNFTとは

  • Binanceが2021年にリリース。
  • BinanceアカウントがあればOK。
  • Binanceでの通貨をそのまま使える。

BinanceNFTのURLはこちらから!

Binanceはこんな人にオススメ。

  • Binanceアカウントがすでにある人。
  • BinanceNFT独自の作品に興味がある人。

Coincheck NFT(コインチェック)でのやり方

CoincheckNFTとは

  • 日本で初めてのマーケットプレイス。
  • Coincheckの資産がそのまま使える。
  • 14種類の暗号資産での決済ができる。
  • NFT出品のコストや、維持コストが安い。

※ログインには、コインチェックの口座開設が必要。

CoincheckNFTはこんな人にオススメ。

  • 初めてNFTをスタートしたい人。
  • Coincheckの口座を持っている人。
  • コストを安く抑えたい人。

NFTの教科書「まとめ」

「NFTの教科書」の要約をまとめると3点です。

  • 「NFTとは?」が1発で解決する1冊。
  • NFTのやり方が学べるNFTの教科書。
  • NFTを始めるには今からでも遅くない

実際NFTっていう言葉を知らない人も多いと思います。

でもこれからの時代、NFTは必須の知識になるかもしれません。

  • 資産を増やしたい人
  • 新ビジネスを考えている人
  • 副業を探している人

これらの人は「NFTの教科書」はまさに必読書。

高レビューも納得のNFTを知りたい人にはピッタリです。

今のうちにNFTのやり方について学んでおいて損はないです。

ぜひ読んでほしいオススメ本。

NFTで素晴らしいチャンスを掴めるかもしれません。

少しでも選択肢を増やしておきたいですね。

お得なワンポイント情報「投資」

今ならLINE証券で3,000円分の好きな個別株がもらえます。

3,000円分の個別株をもらう具体的な手順はこちら。

STEP
LINE証券の口座開設をする。
  • マイナンバーカードがあれば3分で完了。
  • 2、3日後に口座開設完了のお知らせメールが届きます。
STEP
LINE証券へログイン。

口座開設完了メールのリンクからログイン。

STEP
キャンペーンページから簡単な2つの問題に回答。

ちなみに私の場合はこのような問題でした。

  • Q1.LINEサービスが開始された日はいつ?
  • Q2.投資信託の運用を行う専門家は何という?

回答は3択から選べます。

時間も無制限だから、WEB上で調べちゃってもOK。

STEP
好きな銘柄を選ぶ。

この時点で4,000円相当の好きな個別株がすぐにもらえます。

STEP
口座開設の翌月までに10,000円以上の株購入で、さらに現金1,000円Get。

もう少し個別株を楽しみたい人は追加で購入すれば1,000円もらえます。

\ 今だけのお得なチャンスなので、ぜひお試しください /

以上「NFTの教科書」の要約レビューでした。

「NFTの教科書」以外の要約レビューをまとめた記事はこちら!

ちなみに私はKindle32GBを使っています。

Kindleは投資やお金の勉強にも最適。

こちらも便利でオススメです。

Goodポイントまとめ

  • 小説は最大8,000冊持ち運べる(32GB)。
  • 部屋が本で占領されない。
  • ブルーライトじゃないから、寝る前に読んでもぐっすり。
  • お風呂でも読める。
  • 読む以外の機能がないため、読書に集中できる。
  • めちゃくちゃ軽い(207g)。

Badポイントまとめ

  • 読み終わった本をフリマアプリで売れない。
  • 本の貸し借りができない。
  • スマホに比べると反応がやや鈍い。
  • Wi-fiがないと本がダウンロードできない(Wifiモデル)。

『Good!』という方は、ぜひワンクリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
LINE証券
コインチェック
シェアしていただけると嬉しいです。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる