3分で読める【要約】「自分の中に毒を持て」岡本太郎 まとめレビュー

自分の中に毒を持て「こんな人にオススメ」

  • 自分自身にコンプレックスがある人
  • なかなか行動に移すことができない人
  • 他人の評価ばかりを気にして、自分が思っている本当の気持ちを伝えられない人

今回要約でまとめたのは岡本太郎氏が書いた本「自分の中に毒を持て」

才能なんて勝手にしやがれだ。

だめ人間なら、そのマイナスに賭けてみろ。

自分の中に毒を持て 岡本太郎 要約まとめ レビュー

これは1996年にお亡くなりになった岡本太郎さんの「自分の中に毒を持て」での一言です。

正直「自分の中に毒を持て」はめちゃくちゃ心に突き刺さりました。

こんなにいい本なのに、こんなに安くていいの?と思ったほどです。

熱い、もはや熱すぎる言葉が所狭しとまとめられています。

  • 最近なんとなく同じ毎日を過ごしている。
  • 自分の価値観さえ揺らがせるほどの刺さる言葉がほしい。
  • 自分の中に毒を持って自分を変えたい。

こんな人にもきっと突き刺さるのが「自分の中に毒を持て」

それでは早速「自分の中に毒を持て」の要約まとめを見ていきましょう!

目次

自分の中に毒を持て「要約」まとめ

自分の中に毒を持てを要約すると3点にまとめられます。

  • 自分の中に毒を持てのメインテーマは「生きる」。
  • 空気を読んで生きるのはやめよう「自分の信念を貫く」。
  • 自分を全力で人生にぶつけろ。

岡本太郎氏と聞くとこんなふうに思われる人も多いのではないでしょうか。

名言「芸術は爆発だ」の人。
太陽の塔をつくった人。
何だか変な思想を持ってそうなおじさん。

しかし「この自分の中に毒を持て」を読むと岡本太郎氏へのイメージはします。

自分は自分の人生をちゃんと「生きている」のか。

「自分の中に毒を持て」のメインテーマは「生きる」ということ。

悩んでいることがバカバカしくなります。

前向きな気持ちになれるかもしれません。 

また悩んでいる背中を押してくれるかもしれません。

それほどのエネルギーがこの「自分の中に毒を持て」にはあります。 

要約ポイント①「テーマは生きること」

生きるという事はどういうことなのか。

「自分の中に毒を持て」では生きるということに真剣に向き合うことができます。

その在り方を「自分の中に毒を持て」では強烈な岡本太郎節で語られています。

特異的な考えや思想は動き出す時には勇気がいるし、必ず周囲から反対される

それでもいい。

それが自分を本心から出すということであり、生きるということそのものだから。

自分の中に毒を持て 岡本太郎 要約まとめ レビュー

 

岡本太郎の「生きる」とは、人生の既定レールを上をただ歩むことが生きるということではない。

自分の感情や願いを素直に発信することこそが、生きるということなのだと語っています。

以下は「自分の中に毒を持て」で主張されている生きるという考え方です。

「自分の中に毒を持て」で主張されている「生きる」の意味

  • 「生まれる→小学校→中学校→高校→大学→結婚→出産→家を建てる→老後を迎える」=生きるではない。
  • 自分の中にある思いや情熱、感情をぶつけて発信することが「生きる」ということ。
  • 自分のうちなる感情を出す=芸術と同じ。

生まれてから、小学校、中学校、高校、大学と学生生活を歩む。

サラリーマンになり結婚。

そして家を建て、子供を育て、老後を迎えていく。

このような人生のレールを歩むことが生きるということではないと「自分の中に毒を持て」にはハッキリ書かれています。

まさに生きるという行為は、自分の感情を絵などにぶつける芸術の行為と同じ。

要約ポイント②「芸術は爆発だ」

  • 岡本太郎氏の代名詞のコトバ。
  • 自分の本心を恥じずに発出する。
  • 芸術=生きること、爆発=本心をさらすこと。

人はうちに秘める思いを露わにし発出するべき。

その感情の発出こそが爆発であるという言葉につながります。

世間の価値観に縛られることなく、自分を表現する。

その内面を外に映し出すという行為は芸術そのものだ。

芸術こそが未来にメッセージを与え続けることができる方法なのだ。

つまり自らの思いをぶつける芸術は、生きるという行為、そのものなのである。

自分の中に毒を持て 岡本太郎 要約まとめ レビュー

「自分の中に毒を持て」では今の時代じゃ、なかなか書きづらい辛辣な言葉でまとめられています。

現代においてこれほど直接的な言葉で書かれている本には出会ったことはありません。

「自分の中に毒を持て」はそんな岡本太郎氏の熱い思い(芸術)が爆発した1冊です。

自分の中に毒を持て「Amazonレビューまとめ」

  • レビュー数は約3,000件のベストセラー1位。
  • 2017年12月に発売⭐️4.0以上。

ここで「自分の中に毒を持て」のAmazonレビューをまとめてご紹介。

岡本太郎氏の言葉がいかに現代人にも刺さっているかがよくわかるレビューが多くあります。

正直「自分の中に毒を持て」のレビューでは、多くの高評価のコメントがあります。

ここには書ききれませんが、一部レビューを抜粋してまとめてみました。

この本は難解だが、理解を超えたところで岡本太郎氏からの強いメッセージを受け取れる。
これだけ生きることに真剣だった人の存在を知っただけでも収穫。
人生で道に迷ったとき、また手に取ってみたいと思う。

衝撃でした。
この「自分の中に毒を持て」にほぼ共感できました。
岡本太郎氏ほど熱く人生を生き、人間らしくあった人を知りません。

「人は幸福を求めるべきではない」
「じゃあ何を求めるべきか」
「それは歓喜だ!!」
岡本太郎氏の言葉にはとても心に響くものがありました。

猛毒がぎっしり詰まった、まさに爆発しそうな熱量。
岡本太郎氏のメッセージに読み手も心の思いがたぎる。

自分の中に毒を持て「著者 岡本太郎氏」

「自分の中に毒を持て」の著者である岡本太郎氏を簡単にまとめるとこちら。

  • 小学校を1学期で退学。
  • 東京芸大へ進学するもすぐに退学。
  • パリのルーブル美術館でピカソの作品に衝撃を受ける。
  • 戦争を経験する。
  • 大阪万博での「太陽の塔」をプロデュース。
  • 芸術は爆発だ。

まさに奇想天外な人生です。

今じゃ小学校を1学期で退学なんてありえないですから。

これだけでも岡本太郎氏は幼い頃から枠に囚われない個性があるのがわかります。

それでは少しだけ岡本太郎氏の写真をご紹介します。

こちらは実際にピカソと対談する岡本太郎氏(左)、ピカソ氏(右)。

フランスのルーブル美術館でピカソの作品に感銘を受けた岡本太郎氏。

興奮のあまり、ピカソに実際に会いに行った際の衝撃的な写真です。

https://cinemagene.com/post-3053/

思い立ったら即行動をする。

まさに岡本太郎氏らしい瞬間をうつした写真です。

自分は果たしてこれほど自分の気持ちに素直になって行動できているのか、考えさせられるシーンです。

岡本太郎氏はすべてが破茶滅茶です。

それでは続いて大阪万博のエピソードを紹介します。

自分の中に毒を持て「太陽の塔」 

  • 日本建築界の作品を太陽の塔でつらぬく。
  • 生きるということに他人との調和なんて不要。
  • 万博の跡地は現在は綺麗な公園となっており、太陽の塔のみが残る。

1970年 大阪万博の「太陽の塔」

1970年3月15日に開催された、大阪万博のテーマは「人類の進歩と調和」

万博会場建物は当初、日本建築界の巨匠である丹下健三氏が設計した「大きな屋根」に覆われる形で設計されていました。

しかし岡本太郎氏はその考えに納得がいきませんでした。

”あいつ(丹下健三氏)をボカンと打ち破りたい。

調和なんて卑しい。本当にぶつかり合わなければ調和なんて生まれない。”

「自分の中に毒を持て」岡本太郎 要約まとめ レビュー

そういって、丹下氏の大きな屋根をあえて突き破る形で「太陽の塔」を製作しました。

正直かなりクレイジーです。

そして大阪万博博覧会が終了後、大きな屋根は撤去されましたが、「太陽の塔」は永久保存となりました。

見てください。

このあまりに異次元な太陽の塔。

https://smtrc.jp/town-archives/city/senri/p06.html

「大きな屋根」を「太陽の塔」がしっかり突き抜けています。

正直初めてこの写真を見たときは、岡本太郎氏のあまりにも突き抜けた考えに度肝を抜かれました。

現在の「太陽の塔」

ちなみにこちらは私が実際に大阪万博記念公園に行った際の「太陽の塔」です。

大阪万博公園には綺麗なチューリップが咲いていました。

丹下健三氏の建物は取り壊されましたが、岡本太郎氏の太陽の塔のみが残っています。

こうして時代の流れを知ってから太陽の塔を見てみると、また違った見方ができます。

後世に残るのは特異なもの

  • カッコいい、可愛いモノを追わない。
  • 「大きな屋根」は壊され、「太陽の塔」は残った。

流行りものはいつか廃れる。

一見して「なんだこれ」と思うような変わったモノが後世に残る。

流行は一切追わないというのが岡本太郎氏の考え。

特異なものは見ている人の想像を掻き立てます。

そして想像の中で感情が揺さぶられます。

ピカソの「ゲルニカ」も同じ。

https://artmuseum.jpn.org/mu_gelunica.html

何だかちょっと変な絵。
どういう意味が込められた作品なんだろう。
不思議とどれだけ見ても飽きないな。

このように思う人も多いかもしれません。

特異な作品に込められた意味を探ろうとします。

そして作品に込められた意味がわかった瞬間、何だか味わい深い、記憶に残る作品になることがあると思います。

実際に大阪万博後に、流行をおった丹下健三氏の「大きな屋根」は壊され、岡本太郎氏の「太陽の塔」が残された意味はここにあるのかもしれません。

自分の中に毒を持て「明日の神話」

https://cinemagene.com/post-3053/
  • 1968年〜1969年に岡本太郎氏によって製作された「明日の神話」。
  • 太陽の塔と同時期に製作された芸術作品。
  • 縦5.5m、横30mの岡本太郎氏の大作。
  • テーマは「原爆」。
  • 核兵器によって焼かれる人々を表している。

この作品は元々、1968年メキシコオリンピックのためにメキシコシティの中心部にあるホテルに飾られる予定でした。

しかしホテルの建設が滞り、連絡も取れなくなり、「明日の神話」は行方不明となります。

その後ホテルの後釜として、世界貿易センターが建設される。

そして2003年メキシコの資材置き場にて発見

日本へ輸送され、修復が施され、現在は渋谷駅に展示されています。

自分の中に毒を持て「まとめ」

岡本太郎氏の「自分の中に毒を持て」を要約でまとめると3点です。

  • 今からの人生に影響を与える至極の1冊。
  • 生きるという意味を真剣に考えさせられる。
  • 「よし、自分らしく生きよう」そんな気持ちになるコスパ最高の本。

岡本太郎氏が書いた本「自分の中に毒を持て」はインパクト抜群

現代の空気を読むことが当たり前となっている日本人には、とても刺さるものがあるのではないでしょうか。

自分の人生への考え方に、必ずや良い刺激を与えてくれると思います。

お時間のある方は是非読んでみることをオススメします。

つい悩んでいることがどうでもよくなるかもしれません。

たった数百円で人生に影響があると考えれば、めちゃくちゃ安い

以上、自分の中に毒を持て「要約」まとめレビューでした!

「自分の中に毒を持て」以外の要約まとめ記事はこちら!

ちなみに私はKindle32GBを使っています。

Kindleは投資やお金の勉強にも最適。

こちらも便利でオススメです。

Goodポイントまとめ

  • 小説は最大8,000冊持ち運べる(32GB)。
  • 部屋が本で占領されない。
  • ブルーライトじゃないから、寝る前に読んでもぐっすり。
  • お風呂でも読める。
  • 読む以外の機能がないため、読書に集中できる。
  • めちゃくちゃ軽い(207g)。

Badポイントまとめ

  • 読み終わった本をフリマアプリで売れない。
  • 本の貸し借りができない。
  • スマホに比べると反応がやや鈍い。
  • Wi-fiがないと本がダウンロードできない(Wifiモデル)。

お得なワンポイント情報「投資」

今ならLINE証券で3,000円分の好きな個別株がもらえます。

3,000円分の個別株をもらう具体的な手順をまとめるとこちら。

STEP
LINE証券の口座開設をする。
  • マイナンバーカードがあれば3分で完了。
  • 2、3日後に口座開設完了のお知らせメールが届きます。
STEP
LINE証券へログイン。

口座開設完了メールのリンクからログイン。

STEP
キャンペーンページから簡単な2つの問題に回答。

ちなみに私の場合はこのような問題でした。

  • Q1.LINEサービスが開始された日はいつ?
  • Q2.投資信託の運用を行う専門家は何という?

回答は3択から選べます。

時間も無制限だから、WEB上で調べちゃってもOK。

STEP
好きな銘柄を選ぶ。

この時点で3,000円相当の好きな個別株がすぐにもらえます。

STEP
口座開設の翌月までに10,000円以上の株購入で、さらに現金1,000円Get。

もう少し個別株を楽しみたい人は追加で購入すれば1,000円もらえます。

\ 今だけのお得なチャンスなので、ぜひお試しください /

『Good!』という方は、ぜひワンクリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
LINE証券
コインチェック
シェアしていただけると嬉しいです。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる