1年間で300万円以上貯金できた【固定費削減ベスト3】一人暮らし必見

<br width=
  • 「一人暮らしでお金がたまらない」
  • 「固定費削減って何をしたらいいの」
  • 「給料日の翌日には貯金が激減」 

いざお金をためようと思っても、何から手をつけていいかわからない。

このような方も多いのではないでしょうか。

実際に一人暮らしでやってみて「これは効果があった」固定費削減ベスト3をご紹介します。

※前提条件として、賃貸・車なし・ペットなしを想定しています。 

米国株投資などの資産運用も公開しています。

よかったらこちらもどうぞ。

目次

そもそも固定費とは

  • 固定費=毎月必ず支払わなければいけない支出 

例えば固定費の代名詞はこちら。

一人暮らしでは多くの固定費が発生します。

  • 家賃
  • 光熱費
  • 通信費
  • 生命保険代
  • サブスク代など

一方、固定費と比較されるのが、変動費です。

  • 食費
  • 衣服代
  • 交際費
  • 娯楽費
  • 医療費
  • 美容費など

変動費の場合は、削減するには我慢が必要とされます。

  • 毎週末に友達と遊ぶ回数を減らす
  • 外食はしない
  • 趣味のお金を削るなど 

この場合、多くの人が我慢に耐えられなくなります。

つまり途中で挫折してしまいます。 

またストレスが溜まると身体に悪影響が出るリスクもあります。 

そこでストレスフリーで貯金できる方法が固定費削減です。  

固定費削減のメリット  

  • 圧倒的なストレスフリーで貯金できる。
  • 固定費削減した分だけ、年収UP効果あり。
  • 生活にゆとりが出来て、幸せになれる。

固定費削減はまさに自動的にお金が貯まる仕組み

  • 外食も我慢しなくてOK
  • 趣味にお金を使ってもOK

お金を貯めたい人はまず固定費削減。

特に一人暮らしだと効果抜群です。

環境から作っていきましょう。

早く見直すに越したことはないです。 

固定費削減には年収UP以上の効果あり

  • 年収UPよりも固定費削減を優先させるべき。

実際、年収UPさせるのは大変です。

そして時間も労力もかかります。

でも固定費を削減すれば、毎月の手取り額がUP。

年収ではなく「手取り」が増えます。

会社員の方なら、給料から税金などが引かれます。

つまり固定費削減が50万円/年ならそれ以上の年収UP効果があります。

効率よく貯金をするなら、まずは固定費削減が第1です。

固定費削減の前にやるべきこと

  • 家計簿アプリを使って資産全体をチェック
  • 1ヶ月間のお金の流れを確認する
  • 目標の貯金額に対して逆算して考える

マネーフォワードで資産をチェック

まずは行動する前に準備が大切です。

  • 何をどれだけ削減するのか
  • 優先的に削減するべきものは何か
  • 1ヶ月間に何にいくら使っているのか

これらを把握することがとても大切です。

  • 家計簿って作るのって面倒。
  • ざっくりの肌感覚でやったらダメ?

こういった意見もあるかと思います。

そんな人にオススメなのがマネーフォワード

  • 無料でできる家計簿アプリ。
  • ワンクリックで自動家計簿を作成できる。
  • 毎日勝手に自動更新してくれる。

資産形成をしていくなら必ず入れたいアプリ。

貯金を続けていく上では逆算がとても重要。

目標の金額を決めて計画をつくりましょう。

シミュレーションサイトは楽天がわかりやすいです。

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fund/saving/simulation/

一人暮らしの固定費削減 ベスト3 

固定費削減 ベスト1

  • 30万円以上/年の固定費削減できるかも。

やっぱり1番は何と言っても、引っ越し

固定費の代名詞で、やらない手はないです。

この部分は行動するか、行動しないか

一人暮らしなら自分の意思のみです。

  • よし今日は給料日だ!
  • でも明日には家賃の引き落とし。
  • 結局手元に残るのはわずか。

こんな人多いのではないでしょうか。

家賃8万円→家賃5万円へ引っ越し。

これだけでも毎月3万円の貯金ができます。

つまり年間36万円以上の貯金を確保できます。 

「今まで通りの生活水準のまま」です。

3年もすれば100万円の貯金できます。

100万円があれば、十分な生活費を確保できます。

そして投資などの資産運用をしても良いでしょう。

また嫌いな上司から嫌味を言われても、思い切って辞めることもできちゃいます。

人生の選択肢が増えます。

今まで出来ていなかったリスクを取る行動が出来るようになります。

人生が明確に変わります

毎日の食費を抑えなくても大丈夫。

交際費を今まで通り使っていても放っておくだけでお金が溜まっていきます。

  • まだ家賃が高いところに一人暮らし。
  • なかなか行動ができない。

このような方がいましたら、ぜひ今すぐ不動産屋さんHPへ飛びましょう。

まず固定費を削減したいと思うのであれば、引っ越しがオススメです。

固定費削減 ベスト2

  • 種類が同じものはメルカリで売る。
  • 身の回りがスッキリ
  • ワンルームでも十分ゆとりがでる。

一人暮らしの固定費削減ベスト2は「不用品の売却」

家にある不用品って、結構スペースとっていませんか。

  • 履かない靴
  • 何着もあるコート
  • 読み切った本の山
  • とりあえず捨てずに置いている物など

実はそのスペースも家賃が発生しています。

<8万円/7畳ワンルーム>1畳分のスペースを置き場所で使っている場合
  • 1畳=約1.4万円/月の家賃が発生。
  • つまり毎月置き場所のスペース代1.4万円。

また安いワンルームへ引っ越すためにも不用品の処分は必須。

今すぐにメルカリで売り飛ばしましょう。

また必要になった時に買えば良いのです。 

意外と再び買うことはありません。

  • スペースに余裕ができる。
  • 実質的に節約につながる。
  • メルカリで売れたら収益がもらえる。

一石三鳥以上の効果があります。

本が山積みという人はKindleがオススメ。

ちなみに私は実際にKindleの32GBを愛用しています。

実際に使ってみたGoodポイント

  • 小説は最大8,000冊持ち運べる(32GB)。
  • 部屋が本で占領されない。
  • ブルーライトじゃないから、寝る前に読んでもぐっすり。
  • お風呂でも読める。
  • 読む以外の機能がないため、読書に集中できる。
  • めちゃくちゃ軽い(207g)。

実際に使ってみたBadポイント

  • 読み終わった本をフリマアプリで売れない。
  • 本の貸し借りができない。
  • スマホに比べると反応がやや鈍い。
  • Wi-fiがないと本がダウンロードできない(Wifiモデル)。

本を一気に処分できます。

固定費削減 ベスト3

  • 5万円/年ほどの固定費削減が可能

一人暮らしの固定費削減ベスト3は「格安SIMへの切り替え」

まだ格安SIMにしていない方は是非切り替えをすることがオススメ。

1ヶ月1,000円代で利用できます。

また楽天UN-LIMITなら0円で利用することもできます。

大手キャリアをお使いで、データ通信量が多い方であれば、10,000円超えの方もいるんじゃないでしょうか。

毎月5,000円程度の削減でも、年間を通して考えると60,000円です。

年間60,000円貯金ができると考えれば、やらないに越したことはないでしょう。

塵も積もれば山となります。

ahamo新規・MNP

一人暮らしの固定費削減「まとめ」

一人暮らしの固定費削減ベスト3いかがだったでしょうか。 

今回は年間300万円以上の貯蓄ができた要因の1つである「固定費削減ベスト3」をご紹介しました。

固定費削減は本当に早めにやるかやらないかで、今後の人生に大きな影響を与えてきます。 

お金が貯まれば、人生の選択肢も増えます。 

ここぞというタイミングで、投資をすることができ、チャンスを掴むこともできます。 

そんなチャンスを逃さないためにも、ぜひ固定費削減に取り組んでみてはいかがでしょうか。

また今回ご紹介したのはほんの一部に過ぎません。

さらに細かく固定費削減していくことができれば、毎月の貯金額もさらにUPするでしょう。

少しずつ生活を変化させ、しっかり資産を増やしたいですね!

それではありがとうございました!

以上、「1年間で300万円以上貯金できた【固定費削減ベスト3】一人暮らし必見」でした!

『Good!』という方は、ぜひワンクリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
LINE証券
コインチェック
シェアしていただけると嬉しいです。

コメント

コメントする