【要約】自己肯定感を上げる OUTPUT読書術 まとめ

「OUTPUT読書術」こんな人にオススメ

  • 読書の効果を最大化したい人
  • 自己肯定感が低くて悩んでいる人
  • 読書術を学んで、人生を変えたい人

今回要約でまとめたのは「OUTPUT読書術」。

読書をしても成長をなかなか感じない。

こんな人も多いかと思います。

そんな人にピッタリなのが、今回要約でまとめた「OUTPUT読書術」。

OUTPUT読書術で学べることは大きく3つ。

  • 読書をすることで得られるメリット
  • 読書の効果を高める具体的なテクニック
  • 人生を変える読書術

このOUTPUT読書術を読めば、きっと読書したくてウズウズするはず。

それでは早速「OUTPUT読書術」の要約を見ていきましょう!

目次

OUTPUT読書術「要約」

OUTPUT読書術を要約でまとめると3点。

  • 読書術で自己肯定感をUPして人生を好転させる。
  • いかに読書した内容をOUTPUTするかが大切。
  • 具体的なOUTPUT術がまとめられている。

OUTPUT読書術「最強の自己投資」

  • 読書はローリスク・ハイリターン。
  • コスト低くて、自己成長に直結する。
  • 筆者が人生で学んだことをたった1,000円程度で買える。

読書って何だか地味なイメージありますよね。

自己投資は派手なイメージ。
自己投資は思い切ったことをするべき。

自己投資についてこんな印象を持っている人も多いのではないでしょうか。

ですがこのような自己投資はまさにハイリスク。

もっと手軽でローリスクハイリターンな自己投資があります。

そう。それが読書です。

一見地味に感じますが、読書はめちゃくちゃローリスク・ハイリターンな投資

本には筆者が人生をかけて学んできた知識や経験が詰まっています。

その人生の結晶ともいうべきものを、たった1,000円程度で学ぶことができるのです。

これほどローリスク・ハイリターンなものはないかと思います。

本の書かれている情報から、新たな気付きを得ることができます。

その情報を使って、年収UPした人や、別のキャリアで道を切り開いた人はとても多いです。

つまり「読書」は投資対象としては美味しすぎる自己投資。

読書をするだけで勝ち組になれる

  • 日本人の2人に1人は、1ヶ月に1冊も読書しない。
  • 1ヶ月に1冊以上、読書すればそれだけで勝ち組になれる。
  • OUTPUT読書術を活用すれば圧倒的な差が生まれる。

これって結構驚きですよね。

読書している人なら尚更びっくりだと思います。

つまり1ヶ月に1冊以上を読書するだけで、日本人の少数派になることができます。

そしてただ読書するだけではなく、この「OUTPUT読書術」のテクニックを使えば、さらに差は生まれることでしょう。

OUTPUT読書術「人生に影響を与える」

  • 日本人の50%は自己肯定感が低い。
  • 自己肯定感は読書でUPすることができる。
  • 自己肯定感UPには、読書のやり方が大切。

読書は自己肯定感をUPさせる効果があります。

「自分が役に立たないと強く感じますか?」

「当てはまる」「どちらかというと当てはまる」=49.9%。

つまり日本人の約50%が自己肯定感が乏しく、むしろ自己否定感があるという結果。

ジャンル、読書方法、OUTPUTが大切

  • ただ読書するだけでは自己肯定感はUPしづらい。
  • 読書サイクル「読書⇨OUTPUT」をぐるぐる回す。

ただガムシャラに読書すれば良いというわけではありません。

よいよい

読書する本のジャンル、読み方、その後のOUTPUT方法が大切です。

自己肯定感が高まるようなフォームで本を読む必要があります。

読書によってGetした成功体験が、自己肯定感を回復させることにつながります。

読書は仕事に対する考え方や、キャリアを構築する上で大きな助けとなります。

本から得られる情報を実際にOUTPUTすることで、人生が変化していきます。

読書→OUTPUT」という積み重ねで自己肯定感が大幅にUP

このOUTPUT読書術さえ身につけば、自己否定感もおさらばできます。

「読書」は人間の考えや行動を変え、人生を一変させることができます。

OUTPUT読書術「忘れる3パターン」

読書をしても内容を忘れてしまうパターンはこの3つと言われています。

  1. せっかく読書したけど、あまりワクワクしなかった。
  2. 本の内容が難しかった。
  3. 読書に集中できない環境で本を読んでしまった。

これって1度は経験ありませんか。

実はこれらも1つ1つ丁寧に対処すれば確実に解消することができます。

よいよい

読書の内容を忘れないカギは「INPUT」と「OUTPUT」です。

OUTPUT読書術では読書は食事と例えられています。

しっかり食事をすれば自分の血や肉となり、頑丈なカラダが形成されます。

この食事によって作られる頑丈な身体も読書で表すことができます。

「本(食事)+トレーニング(OUTPUT)=自分の血肉」

OUTPUT読書術でまとめられている読書のポイントはこちら。

「あの人も読んでいるから」<「今の自分にとって必要な本だから」。

自分の興味や関心に素直になって、好きな本のテーマを選ぶようにしましょう。

読書は本を読み切って、しっかりOUTPUTすることが重要。

コツコツ読書して成長するためにも、レベルに合った本を選ぶようにするのが大切です。

読書の「目的意識」をもつ

  • 読書することを目的にせず、その先を目的にする。
  • 目的で読書の身に付くレベルが大きく変わる。

次にOUTPUTする上で重要なのが「目的意識」です。

「本を読むこと」ではなく、「なんのために本を読んでいるのか」を意識して読む

こうすれば脳はきちんと記憶として保存してくれるようになります。

OUTPUT読書術「読書のコツ5選」

今回の「OUTPUT読書術」の要約ではコツを5つにまとめました。

  1. 部分読みでもOK。
  2. 読書量よりも、何を読むか。
  3. 読書の目的を明確にする。
  4. 読書のスケジュールを習慣化する。
  5. 本を置く場所を固定する。

目次で読書するポイントを選ぶ

「部分読み」はとてもオススメです。

  • 目次をしっかり読む。
  • 自分にとって不要な章は読まない。

こうすることで目的が明確となります。

興味がなくてウトウト。
あれ?何を読んでいたんだっけ。

目的がない読書はあまり頭に吸収されません。

そのため、読書の時間があまり自己成長につながりません。

OUTPUT読書術でまとめられている「部分読み」は本当にオススメ。

この読書術なら集中力も持続します。

読書の習慣づけにこだわる

  • 読書の習慣づけは、行動と紐づけるのが大切。
  • 読む本を置く場所を決める。
  • 無意識を支配してルーティン化する。

継続した読書は「習慣づけ」がとても大切

私は通勤電車の中では必ず「座った瞬間に本を開く」ということを習慣づけしております。

「毎日の通勤カバンに本を入れておく」ということを継続しております。

読書を継続するためには、無意識で読書し始めるくらいの習慣づけが大切。

そのためにも読書のスケジュール化や、いつでも手の届く範囲に本を置いておくこともGood。

OUTPUT読書術「読書テクニック」

  • 表紙と帯と目次から仮説をつくる。
  • 3つのツッコミ「問い・主張・根拠」。
  • A4用紙1枚に要約する。
  • まとめた内容をOUTPUTする。

読書術① 「仮説」をつくる

まず「本の表紙、帯、目次」をチェック。

「5W1H」を意識しながら仮説を立てます。

「5W1H」とはご存知の人も多いと思いますが、以下の考え方です。

  • Who(だれが)
  • When(いつ)
  • Where(どこで)
  • What(なにを)
  • Why(なぜ)
  • How(どのように)

例えば福沢諭吉の「学問のすすめ」であれば、このようになります。

  • (Who)福沢諭吉が
  • (When)明治時代に
  • (Where)大学で
  • (What)自分の学問を
  • (Why)知識を高めるために
  • (How)生徒に勉強しなさいという

読書術② 「問い・主張・根拠」

  • 読書している本にツッコミを入れる。
  • 問い、主張の確認、主張の根拠をチェック。
  • 本にインタビューしているイメージ。

読書している本にインタビューをしていきます。

自分でインタビューをする上では、自分なりに頭の中で要約しておく必要があります。

つまりただ受け身で読書をするのではなく、攻めの姿勢で読書をします。

こうすることで理解が深まり、記憶の定着が進みます。

読書術③ A4用紙1枚に要約する

読書したら「構造」をまとめます。

「構造」はデータでも手書きでもOKです。

しかし文字で書くことの方が定着率が高いので、できれば手書きがオススメ

  • 例1)序論、本論、結論型…筆者の主張、理由、まとめetc…
  • 例2)要点まとめ型…要点1、要点2、総括etc…

読書術④ まとめた内容をOUTPUT

自分なりに理解を深め、A4用紙で要点を書き出して要約します。

OUTPUTが完了したら、最後は情報を周わりに発信していきます。

  • 【話す】友達、彼女、Youtubeなど
  • 【書く】ブログ、Twitter、noteなど
  • 【描く】Instagramなど

このように読書した内容をOUTPUTして要約することで、読書した内容を整理してまとめることができます。

すると自分の頭にもしっかり定着。

周囲の人に要約して伝える方法は、オススメの読書OUTPUT術です。

OUTPUT読書術「まとめ」

  • OUTPUT読書術を実践すると読書の効果が倍増。
  • 読書はローコスト、ハイリターン。
  • 自分の考えをまとめること、本の要約を意識的にする。
  • OUTPUT読書術の方法がまとめられた1冊。
  • 読書した後、OUTPUTすることで自己成長につながる。

今回要約でまとめたのは「OUTPUT読書術」。

「読むだけの読書」ではなく、「OUTPUTして身につける読書」を意識してみる。

これだけで読書の内容を、何倍にも吸収することができます。

ぜひみなさんもお試しください。

きっと変化に気づけるはずです。

以上、「自己肯定感を上げる OUTPUT読書術」の要約まとめでした。

「OUTPUT読書術」の要約まとめ以外の要約記事はこちら。

ちなみに私はKindle32GBを使っています。

Kindleは投資やお金の勉強にも最適。

こちらも便利でオススメです。

Goodポイントまとめ

  • 小説は最大8,000冊持ち運べる(32GB)。
  • 部屋が本で占領されない。
  • ブルーライトじゃないから、寝る前に読んでもぐっすり。
  • お風呂でも読める。
  • 読む以外の機能がないため、読書に集中できる。
  • めちゃくちゃ軽い(207g)。

Badポイントまとめ

  • 読み終わった本をフリマアプリで売れない。
  • 本の貸し借りができない。
  • スマホに比べると反応がやや鈍い。
  • Wi-fiがないと本がダウンロードできない(Wifiモデル)。

『Good!』という方は、ぜひワンクリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
LINE証券
コインチェック
シェアしていただけると嬉しいです。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる