FIRE・セミリタイア◎【要約】私の財産告白 本多静六 まとめ レビュー

どうも、こんにちは!

よいよい(@yoiyoi183)です。

「お金持ちになりたい。」
「財産を増やす具体的なステップを知りたい。」
「FIREをするためのノウハウを知りたい。」

こんな方も多いのではないでしょうか。

FIREとは何のこと?

FIREとはFinancial Independent Retire Earlyの略称。
経済的自由と早期リタイアの意味。
1年間の生活資金×25を投資にまわすことで、元金を減らすことなく配当金だけで生活できる考え方。

今回要約でまとめたのは本多静六氏の「私の財産告白」

財産を増やしたい人は読むことは必須かもしれません。

それでは「私の財産告白」の要約まとめを見ていきましょう!

目次

私の財産告白「要約」

「私の財産告白」を要約すると、3点にまとめられます。

  • FIREやセミリタイアしたい「現役サラリーマン」に是非オススメの1冊。
  • 1)勤倹貯蓄、2)本業+副業、3)投資、4)何より本業。
  • いまも昔も変わらない、不変の「お金持ちになれる方法」。

「私の財産告白」は1950年11月に出版された書籍。

実は最新の書籍ではありません。

「FIRE」「セミリタイア」に興味がある人。

非常に参考になること間違いなしの1冊です。

お金持ちになるためにはどうしたらいいのか。

そこには70年以上も昔から大きく変わっていない共通の考え方があることが分かります。

私の財産告白「著者の本多静六氏」

著者:本多静六氏とは
  • 1866年8月11日生まれ、1952年1月29日没。
  • 日本の林学者、造園家、株式投資家、東大教授。
  • 本多式貯金法を使って、巨万の富を得たのち、全財産を寄付。

私の財産告白の著者である本多静六氏は東京の日比谷公園、明治神宮、福岡県の大濠公園などの設計や改良に携わりました。

なんと東京駅の丸の内口駅前広場の設計も行っています。

本多静六氏は、幼少期に父親を亡くした経験とドイツ留学での教えから、私の財産告白でもまとめられている「勤倹貯蓄」を学びました。

投資家として巨万の富を得ましたが、晩年に教育や公共機関に寄付をしたことで有名です。

私の財産告白「Amazonレビュー」

  • Amazonレビュー⭐️4.0以上
  • 人生即努力、努力即幸福。
  • 自己啓発の内容も濃く励まされるなど。

今回要約でまとめた「私の財産告白」のAmazonレビューはこちら。

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

本多静六氏の努力が伝わってきて、大変心を動かされました。
投資以外にも仕事をする上での心構えなどの自己啓発的な内容が濃かったです。

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

どのように生き、どのように回収し、回収したお金を使ってどのように世の中を回していくのか、それが全部書かれている。
お金に関して大事なポイントが全て書かれているのが画期的。

⭐️⭐️⭐️⭐️

財産のある人が、財産の築き方を真面目に説く。それでいて全く嫌味がない。なかなか出来ないことです。

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

本多静六氏の考え方は至極まっとうな生きる上でのお金の考え方です。必読。そしてきちんと実行していきたいです。

私の財産告白「構成」

  • 私の財産告白「前半」:お金持ちになる方法50%。
  • 私の財産告白「後半」:人生の教訓が50%。

Youtubeなどで資産形成の方法として、よく取り上げられている「私の財産告白」。

実は後半の50%は人生の教訓で構成されています。

何せタイトルが「私の財産告白」なので、意外と思われる方も多いのではないでしょうか。

実はお金を貯蓄する方法が50%、残りは人生の教訓がまとめられています。

今回の要約記事では主に「資産形成テクニック」についてまとめてみました。

財産を作ることの根幹は、やはり勤倹貯蓄だ。

これなしには、どんなに小さくとも、財産となのつくものはこしらえない。

その貯金がある程度の額に達したら、他の有利な事業に投資するのがよい。

貯金は貯金のままにしておいては知れたものである。

「私の財産告白」本多静六 要約まとめ レビュー

私の財産告白「4分の1 天引き貯金」

  • 資産は「雪だるま」のように大きくなる。
  • 給料の手取り25%を先取り貯金。
  • 貯金=(通常収入×1/4)+(臨時収入×10/10)

「私の財産告白」でまとめられている資産形成は「雪だるまづくり」と表現されています。

まずこの雪だるまを大きくするためには、まず雪を集めるところから始めなくてはなりません。

その基礎として「本多式 4分の1天引き貯金」が紹介されています。

この先取り貯金は、貯金をする上では鉄則とも言える方法ですね。

「パーキンソンの法則」と呼ばれ、人間はモノがあればあるだけ使ってしまうという習性があります。

この習性を使って、毎月給料が入れば、そのうち25%を天引きしてあらかじめ貯金してしまいます。

そして残りの75%で生活するという方法です。

またつい手を出してしまいがちですが、今で言うボーナスなどの臨時収入も「全て手をつけず貯金するべきだ」と筆者は言います。

実際に「本多式 4分の1天引き貯金」をしてみると、このようなイメージになります。

例)毎月給料の手取り20万円、ボーナス手取り年間80万円の場合」

  • 5万円×12ヶ月+80万円=140万円。
  • 手取り金額20万円の1/4なので5万円、ボーナスは全額貯金なので80万円。

よって1年間の貯金合計額は140万円となります。

私の財産告白「本業と副業」

  • より強固な「雪だるまの芯」にするために、本業収入+副業収入で稼ぐ。
  • 本業以外に、毎日450文字の文章を書き続けて、生涯で370冊あまりの書籍を残した。

本業でもしっかり稼ぎ、文章の執筆活動でもしっかり稼ぐ。

定期的な収入を最大限に増やして、投資の種銭を大きくするというものです。

1円を100倍にしても100円ですが、100円を100倍にすると10,000円。

投資は一定の利回りで大きくしていきます。

そのため次のステップである投資へ進むためには、この種銭づくりが非常に重要となります。

最近では副業の方法として、SNSやブログ、せどりなどの選択肢もたくさんあります。

特にFireやセミリタイアを目指している方には、効率よく資産拡大していくのに副業は必須かも知れません。

ちなみに著者の本多静六氏は入院により、文章の執筆活動がしばらくできませんでした。

そのときは退院してから本業に加えて、文章の執筆を3倍書き続けたようです。

そして最終的には生涯で約370冊もの書籍を残すに至りました。

見習うべき、ものすごいバイタリティです。

私の財産告白「投資」

  • 投資は「2割利食い、10割益半分手放し」。
  • 好景気は思い切った勤倹貯蓄をして、不景気には思い切った投資をする。
  • 分散投資、レバレッジ投資、ハードアセット投資。

2割利食い、10割半分手放し

本多静六式の投資方法は、「2割利食い、10割半分手放し」とも言われ、2割の利益が出たら売却。

利益の20%を貯金へまわし、残りの元金を再度投資。

そして元金の2倍以上など、大きく商品が値上がりしたときは、売却して元金分の金額を貯金に戻す。

残りの利益分を再度投資します。

すると暴落のときでも、利益分のみで投資をしているので、メンタルが落ち着き、損が出ているときに慌てて売却することを防げます。

このように元金が減ることを極力防ぐことで、着実に「雪だるま」を大きくしていきます。

この方法で貯めたお金を、さらに不景気に思い切って投資することで、安値で投資をすることができ、値上がり益を大きくしていきます。

分散・レバレッジ・ハードアセット投資

  • 「分散投資」…30種類以上にリスクを分散。
  • 「レバレッジ投資」…銀行から借入をして投資。
  • 「ハードアセット投資」…実物資産へ投資。

何か1つのものに投資をすると、値動きの影響をダイレクトに受けたり、倒産のリスクもあります。

そこでオススメなのが、値下がりのリスクを抑えるために投資先を分散することです。

もちろんその分リターンも分散されてしまいます。

しかし長期にわたって安定して資産運用していくことが可能になります。

このリスク分散については、株式以外にも債券や金、投資する国を分散するという方法もあります。

また「私の財産告白」でまとめられているのが「レバレッジ投資(テコの原理)」です。

つまり銀行から借入を行うことで、元金よりさらに大きなリターンを狙うスタイル。

借り入れを行うので、一定の金利を支払わなくてはなりません。

でもその分大きな投資ができるようになります。

安定的な値動きの投資先へ投資をする。

するとより大きなリターンを狙うことが可能になります。

その他には株式投資などの「ペーパーアセット」への投資だけでなく、実物資産の「ハードアセット投資」へも行うことも紹介されています。

時代背景もあり、”私の財産告白”では「ハードアセット投資」として、山林投資が紹介されています。

現代であれば賃貸物件を購入することで得る家賃収入などが、まさにハードアセット投資になります。

これらの方法を多様な投資を駆使する。

そのことで資産の拡大を効率的に進めていくこと出来ると言われています。

私の財産告白「まとめ」

「私の財産告白」を最後に要約でまとめると3点。

  • 「勤倹貯蓄で基礎をつくり、投資で倍化させる」を繰り返す。
  • 本業と副業」で雪だるまの芯を強く持ち、「投資」で加速的に資産を増やす。
  • 「分散投資」「レバレッジ投資」「ハードアセット投資」の3つを心がける。

今回要約でまとめたのは「私の財産告白」。

昔から書かれていることは紛れもない「お金持ちになる鉄則」だと思います。

そして何より「例え投資や副業で儲けても、本業は疎かにするな」

こんなメッセージが強く書かれています。

「雪だるまの芯」を見失わない。

しっかり資産形成していきたいものです。

また今回要約でまとめた内容以外にも、お金以外のエピソードや教訓が書かれています。

  • Give&Takeの考え方
  • 一般サラリーマンが天才に勝つ方法
  • 仕事を道楽化して楽しむ方法
  • 上手な喧嘩の仕方 etc

気になる方、また現役サラリーマンの方には是非オススメの1冊ですので、よければ自己投資として読んでみてもいいかもしれません。

以上、「私の財産告白」の要約まとめでした!

「私の財産告白」以外の要約まとめ記事はこちら!

ちなみに私はKindle32GBを使っています。

Kindleは投資やお金の勉強にも最適。

こちらも便利でオススメです。

Goodポイントまとめ

  • 小説は最大8,000冊持ち運べる(32GB)。
  • 部屋が本で占領されない。
  • ブルーライトじゃないから、寝る前に読んでもぐっすり。
  • お風呂でも読める。
  • 読む以外の機能がないため、読書に集中できる。
  • めちゃくちゃ軽い(207g)。

Badポイントまとめ

  • 読み終わった本をフリマアプリで売れない。
  • 本の貸し借りができない。
  • スマホに比べると反応がやや鈍い。
  • Wi-fiがないと本がダウンロードできない(Wifiモデル)。

『Good!』という方は、ぜひワンクリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
LINE証券
コインチェック
シェアしていただけると嬉しいです。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる