5分で読める【要約】ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集 まとめ

ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集「こんな人にオススメ」
  • お金儲けの鉄則が知りたい。
  • 人生のバイブル本が欲しい。
  • タルムード金言集で教養を学びたい

こんにちは!

どうも、よいよい(@yoiyoi183)です。

今回要約でまとめたのは”ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集”

そもそもタルムードとは何?
有名なユダヤ人は誰?
ユダヤ人の何がすごいの?

このような人も多いかと思います。

読んだきっかけはPostprimeYoutube

Postprime(ポストプライム)とは

フォロワーさんの投稿をきっかけに本の存在を知りました。

「お金とユダヤ人」には深い関係があることがわかります。

それでは”ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集”の要約まとめをさっそく見ていきましょう!

目次

タルムード 金言集「要約」

「ユダヤ人の成功哲学 タルムード 金言集」を要約すると、3点にまとめられます。

  • タルムードの知恵でお金を守る。
  • お金に困らない指針が身につく。
  • 幸せになれる知恵がもらえる1冊。

ユダヤ人は世界で起こる不幸を1番先に予知する。

そして1番最後に幸福を知る人々である。

ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集 要約 まとめ

ユダヤ人の成功哲学”タルムードとは”

世界の大富豪の35%はユダヤ人

ユダヤ人には資産家が多くいます。

そんなユダヤ人の指針。

それがタルムードです。

またバビロニアといえば、この1冊。

Youtubeでも多く紹介されています。

それだけ”タルムードが大切な考え”だということがわかります。

タルムード 金言集「目次」

  • 2019年1月31日発行
  • 全270ページ
  • 全体は3章で構成
  • 1、2章はお金について
  • 3章は人生の生き方について
  • 全部で37個の金言

各章で10個ほどの金言があります。

金言→解説という構成です。

分かりやすくまとめられた1冊。

またユダヤ人の歴史を知りたい人は「夜と霧」がオススメ。

実際に私もkindleで読みました。

リアルな歴史の実態を書いた本です。

著者 石角完爾さんについて

  • 1947年京都府生まれ。
  • 京都大学を主席で卒業。
  • 在学中に国家公務員上級試験、司法試験に合格。
  • 経済産業省を経て、弁護士。
  • ハーバード大学ロースクール修士号取得。
  • いま千代田国際経営法律事務所の所長。

一言だけ言わせてください。

経歴がまぶしすぎて直視できません!

石角完爾さんは2007年に改宗。

現在はユダヤ人です。

詳細はこちらからどうぞ。

実はこの人もユダヤ人!?

  • ハリソン・フォード
  • ナタリー・ポートマン
  • ダニエル・ラドクリフ
  • マーク・ザッカーバーグ(facebookのCEO)
  • ラリー・ペイジ(GoogleのCEO)など

THE RICHEST PEOPLE IN THE WORLD。

これはForbesの長者番付です。

実はトップ20の30%がユダヤ人CEO

またユダヤ系企業も多くあります。

  • facebook
  • google
  • oracle
  • IBM
  • GoldmanSachs
  • Lehman Brothersなど

言わずとしれた大企業でばかり

こんなにも多いのは驚きでした。

タルムード 金言集「お金を引き寄せる」

ナポレオンとニシンの話

  • ナポレオンがヨーロッパを征服。
  • 協力者に褒美を募った。
  • それぞれ希望のものを伝えた。
  • フランス人「ワイン畑と工場」
  • ドイツ人「麦畑とビール工場」
  • イタリア人「小麦畑とパスタ工場」
  • ユダヤ人「ニシンを2匹だけ」
  • ユダヤ人だけ先にニシンを受け取った。
  • その後ナポレオンは没落。
  • 褒美をもらったのはユダヤ人だけだった。

このタルムードの金言は「利益」について。

  1. 強欲にならない。
  2. 小さい利益だけを確実にとる。
  3. 積み重ねれば大きな利益。

とても大切な考え方ですね。

大儲けをねらうと利益が0になりかねません。

もう少し利益が出るまで待とう。
一か八か全額投資しよう。
ハイリスク投資をしてみよう。

誰しもこのような感情になりがち。

あくまで長期でコツコツが大切です。

投資をしている人なら肝に銘じたい考え方。

金の冠をかぶったスズメ

  • ある日ソロモン王を助けた雀たち。
  • ソロモン王がこう言います。
  • 「なんでも褒美をやろう」。
  • 雀たちが望んだのは王冠。
  • 「あまり良い考えではない」。
  • ソロモン王は忠告します。
  • それでも雀たちは引きません。
  • 結局スズメたちは王冠をGet。
  • でも王冠がハンターの目に止まります。
  • そして仲間が撃ち殺されます。
  • 反省したスズメはソロモン王に王冠を返したという金言。

このタルムードの金言は「自慢」を表します。

財産を見せびらかすと身を滅ぼす

  1. 高級時計
  2. ブランドバッグ
  3. 高級車など

お金を持つとつい自慢したくなります。

お金アピールをする。

するとお金目的の人が集まります。

そうしてお金は奪われていきます。

スズメも冠をはずして飛べば、ハンターにも襲われずに済んだかもしれません。

どんなに資産が増えても、自慢せず、見栄を晴らないこと

この世には人を傷つけるものが3つ。

悩み、争い、空の財布。

3つのうち空の財布が1番人を傷つける。

ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集 要約 まとめ

タルムード 金言集「知恵をビジネスに活かす」

2人のこじき

  • フランスにいた2人の乞食。
  • 路上でお金を集めます。
  • 1人は十字架を足元に。
  • もう1人はダビデの星を。
  • 当時キリスト教徒が多かったフランス。
  • 十字架のもとにお金が集まります。
  • そしてお金をダビデの星へ移します。
  • すると通行人は「なぜ十字架の方が少ないのだ」とお金を恵みます。
  • この繰り返しで2人の乞食は大金を集めることに成功しました。

このタルムードの金言は「仕組み」です。

儲けるには人の心理を読むことが大切

その仕組みにこそ価値があります。

2人の乞食が普通に物乞いをしていれば、大金は集まりませんでした。

労力を最大限に使うのではない。

頭を使って、稼げる仕組みを作る

体力勝負になれば、価格競争になります。

そして体力も無くなっていきます。

何でも疑問を持ち、考え続ける

それがビジネス成功の大原則。

タルムード 金言集「全てを捨てる覚悟」

パラダイスを見つけた男

  • 家庭をもつ夫。
  • 人生のパラダイスを探しに旅へ。
  • ルールは2つ。
  • 夜、枕元に靴を置いて寝る。
  • 朝、靴の向いている方向に進む。
  • この繰り返しでパラダイスを探す。
  • 疲れ果ててたどり着いた先。
  • そこは家族にそっくりな人がいる村。
  • 「こんな最高な場所はない」
  • 「ここはパラダイスに違いない」
  • こうして夫はゴールに到着する。
  • パラダイスのゴールは自宅だった。

このタルムードの金言は「幸せ」です。

つまり幸せは単調な今の中にある

  • 今日は嫌なことがあって不幸だ。
  • なんて自分は不幸なんだ。
  • 毎日が楽しくない

こんな気持ちになるかもしれません。

しかしそんな時は視点を変えてみる。

今生きている人生をどう有意義にするか

そんな知恵をもらえる金言。

ひとは塵から生まれてきた。

生まれてきて得たものに執着するな。

いずれは塵になるのだから。

ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集 要約 まとめ

タルムード 金言集「まとめ」

ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集をまとめると3点。

  • お金と幸せを学びたい人にピッタリ。
  • 何度も読み返したいバイブル本。
  • 幸せの概念が変われば、もっと毎日がハッピーになる。

今回要約でまとめたのはユダヤ人成功の哲学「タルムード」金言集

まさにバイブル本としてオススメの1冊

具体的で今から役立つ情報ばかり。

タルムード金言は全部で37個”です。

きっと心に響く金言もあると思います。

以上、【要約】ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集 まとめでした!

ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集以外の要約まとめ記事はこちら!

ちなみに私はKindle32GBを使っています。

Kindleは投資やお金の勉強にも最適。

こちらも便利でオススメです。

Goodポイントまとめ

  • 小説は最大8,000冊持ち運べる(32GB)。
  • 部屋が本で占領されない。
  • ブルーライトじゃないから、寝る前に読んでもぐっすり。
  • お風呂でも読める。
  • 読む以外の機能がないため、読書に集中できる。
  • めちゃくちゃ軽い(207g)。

Badポイントまとめ

  • 読み終わった本をフリマアプリで売れない。
  • 本の貸し借りができない。
  • スマホに比べると反応がやや鈍い。
  • Wi-fiがないと本がダウンロードできない(Wifiモデル)。

『Good!』という方は、ぜひワンクリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
LINE証券
コインチェック
シェアしていただけると嬉しいです。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる