【要約】「1分で話せ」書評 まとめ Amazon「Audibleがオススメ◎」

1分で話せ「こんな人にオススメ」

  • 自分の考えをまとめるのが苦手な人。
  • 説明が長くなってしまいがちな人。
  • プレゼンがうまくなりたい人。

今回要約でまとめたのは「1分で話せ」。

社内のプレゼンが苦手。
説明しても相手がウトウト。
ジョブズのプレゼンに憧れる。

こんな人も多いかと思います。

私もプレゼンには苦手だった1人です。

  • ドキドキして上手く話せない。
  • 何から伝えていいのかわからない。
  • 頭の中が真っ白。

でも「1分で話せ」のやり方をマスターできれば、そんな不安も一気に解消。

社内での評価もUP間違いなしです。

それでは「1分で話せ」の要約まとめを見ていきましょう。

目次

1分で話せ「要約」

「1分で話せ」を要約すると、3点にまとめられます。

  • プレゼンは相手を動かしてなんぼ。
  • 成功のカギは「左脳と右脳」。
  • プレゼンはまとめて「スッキリ・カンタン」。

プレゼンのゴールは「相手を動かすこと」。

そのために左脳と右脳に働きかけます。

  • 左脳=論理的にテーマを考えてもらう。
  • 右脳=イメージ、想像してもらう。

人間はあなたの話を80%聞いていません。

だから「1分で話す」必要があります。

短く、わかりやすく。

「1分で話せ」には具体的なやり方がたくさんまとめられています。

まさにプレゼンの型を教えてくれます。

1分で話せ「あらすじ」

1分で話せのあらすじはこちら。

  • 著者は伊藤洋一さん
  • 全211ページ
  • 2018年3月13日発売
  • 「結論」「根拠」「例えば」で相手を動かす

情報番組でよく出演されています。

ご存知の人も多いかもしれません。

1分で話せ「著者について」
  • 1950年1月22日生まれ。
  • 日本の経済評論家・エコノミスト。
  • 時事通信社へ入社。
  • 三井住友信託銀行へ入行。
  • 三井住友トラスト基礎研究所 所属。
  • TVやラジオに多く出演。

「1分で話せ」の目次は全7章です。

  • 第1章 伝えるための基本事項
  • 第2章 1分で伝える
  • 第3章 相手を迷子にさせないために「スッキリ・カンタン」でいこう
  • 第4章 1分でその気になってもらう
  • 第5章 1分で動いてもらう
  • 第6章 伝え方のパターンを知っておこう
  • 第7章 実践編

1分で話せ「伝える基本」

  • 右脳と左脳に働きかける。
  • ゴールは相手を動かすこと。
  • 相手を動かすために何でもやる。

左脳は論理右脳はイメージ

この2つがセットで人が動きます。

いくら左脳だけ説得してもNG。

ロジカルに伝えることも必要。

そして熱狂するマインドも必要です。

例えば投資初心者へ投資をやってもらう場合

米国株式は過去30年で10倍UP。
人口も増えていてGDPも上昇中。
ぜひ米国株に投資をするべき。
これから資産が大きく増えるかも。

良いことはわかったけど、結局どうしたらいいの?

いくら論理的でもイメージできないと✖️。

具体的な行動を伝えて、イメージしてもらう。

それでやっと相手を動かすことができます。

米国株式は過去30年で10倍UP。
銘柄は〇〇が良いよ。
証券会社なら△△がおすすめ。
アプリは□□。
紹介コードを送るね。
やり方を教えるから一緒にやろう!

わかった!
じゃあ1回やってみるよ。

このようにイメージしてもらうことが大切。

  • どうゆう立場なのか
  • どんなことに興味があるか
  • 何がプレゼンに求められているか
  • どのくらいの知識レベルなのか
  • 何をいうとネガティブになるのか

「理解してもらう」はゴールではありません。

「Do」をゴールにしましょう。

1分で話せ「伝える前の整理ノート」

  • 伝える相手はだれ/〇〇
  • 立場/〇〇
  • 興味/〇〇
  • 求められていること/〇〇
  • テーマへの理解度/〇〇
  • 何がネガティブ要素か/〇〇
  • ゴールは何か/〇〇

組み立てて伝える

1分で話せるように組み立て、まとめて伝える。

この考え方が基本です。

相手はあなたの話を80%聞いていません。

だからこそ「1分で話す」ことが大切。

1分で話すことが出来れば「伝える力」もUP。

伝える相手のことを考える。

そしてどういう状態にもっていきたいか。

そのためには何を伝えればいいか。

「逆算」で考えることが大切です。

1分でまとまらない話は、結局何時間かけて話しても伝わらない。

忙しい上司は「1分」のほうが聞いてくれる可能性が高い。

「1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術」要約 まとめ

1分で話せ「ロジックづくり」

  • 結論と根拠をセットにして伝える。
  • ダラダラ話すのはNG。
  • パワポもまとめてスッキリ。

結論根拠をセットに話をつくります。

結論1つに対して、根拠を3つ。

結論は〇〇です。
理由は3点あります。
1つ目は△△です。
2つ目は□□です。
3つ目は▲▲です。

結論をまとめる上での注意点はこちら。

  • ×)事実やデータをまとめたもの。
  • )知識と情報を組み合わせる。

知識とは自分の中にあるデータ。

つまり経験や考え方のこと。

情報は自分の外にあるデータです。

この2つを合わせて結論をつくります。

  • ダラダラ長く話す
  • 根拠が多すぎる
  • 結論がぼんやりしている

これでは相手がウトウトしてしまいます。

結論がブレたときは自分へ質問をします。

悩んだときの黄金の質問

  • 「だから何?」
  • 「ファイナルアンサー?」
  • 「本当か?」

私は自分の勤めている会社が好きです。
・働きやすいから。
・職場の人が素敵だから。
・業績もイイから。

「だから〇〇である」となればGood

NGポイント6選

  1. 「基本的に」を使う。
  2. 「難しいことば」を使う。
  3. 「頑張ったプロセス」を言う。
  4. 「過剰な気遣い」をする。
  5. 「自分の意見と違うこと」を言う。
  6. 「笑いを入れる」。

プレゼンはスッキリ・カンタンが大切

1分でまとめて話して相手に動いてもらう。

このためには余計なものはカット

パワポなどのスライドも同じくです。

なるべく「データ<グラフ」にします。

1分で話せ「スライドのワンポイント」

  • 読まずに頭に入れてもらう。
  • フォントサイズは人数で変える。
  • 50人ほど「32pt」。
  • 100人ほど「54pt以上」。

1分で話せ「右脳でイメージ」

  • 頭の中でイメージできれば人は動く。
  • ビジュアルと例を使う。
  • 「結論→根拠→たとえば」の3セット。

感情を揺さぶるコツはイメージ

例えば次の画像を文字で説明するとこうです。

  • 晴れた空
  • 一本道がずっと続いている
  • 一本道の両サイドには緑がある
  • 奥には山々が見える
  • 右には小さい小屋がある

なかなか文字だけではイメージが湧きません。

絵で見せるとこうなります。

どうでしょうか。

断然、絵のほうがわかりやすいですね。

説明にはなるべく写真や動画を使う。

人を動かすにはイメージは必須です。

また「たとえば」を使うことも大切

「働きやすい」だけでは抽象的です。

そんな時は「たとえば」を使います。

  • 福利厚生が充実している。
  • リモートワークができる。
  • 同世代がたくさん働いている。

「働きやすい」がより具体的になりました。

これを先ほどの結論と根拠に加えます。

  • 結論(1つ)
  • 根拠(3つ)
  • たとえば(1つ or 2つ)

プレゼンの軸が固まってきました。

プレゼンとは、相手の頭の中に自分が伝えたいことの骨組みや中身を【移植していく作業】。

「1分で話せ」要約 まとめ

1分で話せ「1分で動かす」

  • ラストは「超一言」で包み込む。
  • 自分の伝えたいことを一言で表す。
  • 相手の中にダイブする。

相手にはプレゼン内容を覚えてほしいもの。

でも残念ながら人は忘れる生き物です。

そこで使うのが「超一言」

「超一言」ってなに?

覚えやすく、その一言でプレゼン全体を表現するようなキーワード。

まさにキャッチフレーズのことです。

この一言で記憶される確率がグンとUP

今日くる、明日くる、ではなくてきっちりくる。

だから「キチリクルン」です。

「1分で話せ」ソフトバンク孫社長へのEコマースのプレゼンにおいて、短納期をアピールした例

相手にダイブする

  • 観客席へダイブしてみる。
  • 相手の立場になって話す。

人に動いてもらうためダイブもします。

もちろんライブのようには飛び込みません。

実際に観客席に行く。

相手はどんな視点から聴いているのか。

物理的にも見て、感じます。

相手の立場になって考える。

プレゼンの説得力をUPさせる方法です。

1分で話せ「人前で話す時のポイント4点」

  • 視線=しっかり聞き手を見る。
  • 手振り=多少の動きをつける。
  • 声=対話するように心がける。
  • 間合い=話の区切りで、普段より3秒ほど長く間をとる。

1分で話せ「まとめ」

「1分で話せ」の要約をまとめると3点です。

  • 結論1つ, 根拠3つ, たとえば1〜2つ, 超一言。
  • 相手を動かすことをゴールにする。
  • 1分で話せるようスッキリ、カンタンに。

今回要約でまとめたのは「1分で話せ」

プレゼンが苦手な人にピッタリの1冊です。

「1分で話せ」ぜひ1度実践しましょう。

周りからの評価も大きく変わるかも。

以上「1分で話せ」の要約まとめでした。

「1分で話せ」以外の要約まとめ記事はこちら!

「1分で話せ2 超実践編」も発売されています。

ちなみに私はKindle32GBを使っています。

Kindleは投資やお金の勉強にも最適。

こちらも便利でオススメです。

Goodポイントまとめ

  • 小説は最大8,000冊持ち運べる(32GB)。
  • 部屋が本で占領されない。
  • ブルーライトじゃないから、寝る前に読んでもぐっすり。
  • お風呂でも読める。
  • 読む以外の機能がないため、読書に集中できる。
  • めちゃくちゃ軽い(207g)。

Badポイントまとめ

  • 読み終わった本をフリマアプリで売れない。
  • 本の貸し借りができない。
  • スマホに比べると反応がやや鈍い。
  • Wi-fiがないと本がダウンロードできない(Wifiモデル)。

お得なワンポイント情報「投資」

今ならLINE証券で3,000円分の好きな個別株がもらえます。

3,000円分の個別株をもらう具体的な手順はこちら。

STEP
LINE証券の口座開設をする。
  • マイナンバーカードがあれば3分で完了。
  • 2、3日後に口座開設完了のお知らせメールが届きます。
STEP
LINE証券へログイン。

口座開設完了メールのリンクからログイン。

STEP
キャンペーンページから簡単な2つの問題に回答。

ちなみに私の場合はこのような問題でした。

  • Q1.LINEサービスが開始された日はいつ?
  • Q2.投資信託の運用を行う専門家は何という?

回答は3択から選べます。

時間も無制限だから、WEB上で調べちゃってもOK。

STEP
好きな銘柄を選ぶ。

この時点で3,000円相当の好きな個別株がすぐにもらえます。

STEP
口座開設の翌月までに10,000円以上の株購入で、さらに現金1,000円Get。

もう少し個別株を楽しみたい人は追加で購入すれば1,000円もらえます。

\ 今だけのお得なチャンスなので、ぜひお試しください /

『Good!』という方は、ぜひワンクリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
LINE証券
コインチェック
シェアしていただけると嬉しいです。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる